Toggle Menu
スタッフブログ

こどもの熱中症対策について

今年も猛暑が予想されます。昨年のブログを更新して再度掲載いたします。

こどもの熱中症対策として、「水分補給だけでは体温は下げれない」「エアコンでしか身体を冷やせない」「自分からしんどいは言ってくれない」を理解してください。

昨年は特に異常で、こども達の痛ましい事故が相次ぎました。
こどもは大人と違ってどれくらいダメージがあるのか?
知っていたつもりでも最新の解説を読めば、熱中症へのメカニクスが納得できます。
こども達を暑さから守ろう!

◆小学生の体温調節機能は大人とまったく違っています。
①汗腺がまだ発達していない。
汗腺は密には存在しているが、有効に働いている数は少ない。
このため水分補給が大人の様に有効ではない。
頭からはよく汗をかいているが、体幹など他の部位は未熟です。
汗を出すための汗腺が大人と同様になるのは18歳頃です。
★水分補給は「脱水症状の予防にはなる」が、「体温調節の助けにはならない」ということです。

 

②反射熱がきつい
気温は「地上150センチ」の「日陰」で測定されています。
直射日光が当たる場所での体感温度は全く違います。
特に地面からの反射熱=輻射熱は赤外線で、小柄なこどもに及ぼす影響は大です。
★こどもが熱中症になれば「エアコンの効いた場所で冷やすこと」が最重要です。
★屋外でアイシング(頭・腋・足の付け根の氷で冷やす行為)しても効果はほとんどありません。

 

③体温越えの気温
皮膚表面の温度より外気温が高くなると、皮膚血管拡張(顔赤くなり熱を逃がす)が起きても
熱を逃がすことができず、逆に熱を身体に取り込むことになる。

 

④しんどさが解りづらい
「少しでもしんどくなったら声かけてね」と働きかけたとしても
心臓ドキドキが運動によるものなのか、熱中症なのかは判断できない。
自己申告してくれるのは手遅れになってからです。

 

以上のことを踏まえて、お子様の体調管理にお役立ていただければ幸いです。
また私たちコーチ陣も細心の注意を払ってレッスンを行います。

繰り返します。

「水分補給だけでは体温は下げれない」=脱水症状の緩和だけ

「エアコンでしか身体を冷やせない」 =皮膚を冷気にさらすこと

「自分からしんどいは言ってくれない」=自覚症状がない

コメントは受け付けていません。


TOP